矢毒地雷研究所

デュエルマスターズにおける地雷を研究・開発するブログ。

<

第9回筑西CSの結果

f:id:yadoku906:20180313103922j:plain

目次

バックナンバー

→( まだ )

はじめに

3.25に開催された「第9回筑西CS」の結果を記録しておく。
また、当たったデッキとの相性を記号で示した。

〈それぞれの勝率〉
〇:8割以上
△+:5割~7割
△- :3割~4割
×:2割未満


対戦相手のデッキと勝敗

使用デッキ:卍型ベルフェギウスタップ

デッキレシピ・コンセプトについてはこちら⇩
yadokulab.hatenablog.com



f:id:yadoku906:20180202183452j:plain
1戦目:青黒ハンデス ✖
相性:△+

3ターン目のハンデスで【堕魔ヴォガイガ】を落とされ、展開が遅れる。
5ターン目に【爆霊魔タイガニトロ】を立て、ハンデスをかますがすぐさま【学校男】でケアされる。
もう1枚手札にタイガニトロを握っていたが、直前にマナに埋めてしまったのはミスだったか。

その後、相手が盤面を固めるがこちらは【極・龍覇ヘルボロフ】が引けず盤面が作れず、【ヴォルグ・サンダー】によるLOで負け。
思っていたよりもハンデスデッキが辛いかもしれないと感じた一戦。


f:id:yadoku906:20180327003858j:plain
2戦目:トリーヴァシノビ ✖
相性:△-

身内戦。
ブーストからの【龍覇M・A・S】2体によりエビデゴラスを2つ建てられアドバンテージで大きな差を付けられる。
その後、【龍覇サソリス】から【邪帝遺跡ボアロパゴス】を建造されほぼ積みの状態に。

第一の敗因としては、MASの召喚を許したこと。
事前に【堕魔グリペイジ】で引く抜くか、タイガニトロにて手札を縛るべきだった。
最も相手の動きが速かったため間に合わなかった訳だが。

第二の敗因としては、盤面の除去を怠ったこと。
MASや【飛散する斧プロメテウス】の除去を怠り、そのまま放置したことによりボアロパゴスの龍解を招いてしまった。
今後超次元ゾーンにボアロパゴスが見えたなら、積極的に盤面を0にしていくという教訓としたい。


f:id:yadoku906:20180327003949j:plain
3戦目:青黒墓地退化 〇
相性:〇

3ターン目のグリペイジにて【死神術士デスマーチ】を落とし、4ターン目のヴォガイガから【卍 デ・スザーク 卍】を着地させる。
5ターン目にはヴォガイガで落とした【極・龍覇ヘルボロフ】【インフェルノ・サイン】にて蘇生させ、テンポを握って勝ち。


f:id:yadoku906:20180202190857j:plain
4戦目:赤緑モルトNEXT ×
相性:△-

【フェアリーの火の子祭り】からのグレンモルト「覇」着地後、エンドレス・ヘブンを建てられ、そのまま圧死。
早めにデスザークを場に出せなかったのが敗因か。

このようなドラゴンデッキには早期にデスザークを着地させつつ、タイガニトロを立てた上で殴りこんでいく以外に勝ち筋がないため、デッキが回らなかった時点で負けである。


f:id:yadoku906:20180327004033j:plain
5戦目:ゲイルウェスパーループ 〇
相性:〇

ほぼほぼ勝てる対面。
盤面を適当に除去しながら、タイガニトロで手札を縛れば9割方勝ちである。
今回当たったのは【無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース】を用いた白緑型。
どうやら最近はメメントの入るこちらのデッキタイプが流行りの模様。


最近のデッキタイプについてはこちら⇩
yadokulab.hatenablog.com



結果

最終的にはは2-3という不甲斐ない結果に終わった今回のCS。
終わってみれば「よく負けたなあ」という感想。

このデッキを握った理由は「ジョーカーズバイクサザンに勝てること」が第一にあったが、そもそもどのデッキとも当たらなかったのは残念。
しかし、今回のCSで得られた教訓は大きいため次へ生かしていきたいところ。

次→( まだ )